イタリアの人気の渡航先

フィレンツェ
イタリア語を学ぶ
フィレンツェ

12校, 134 コース 行く

ローマ
イタリア語を学ぶ
ローマ

9校, 119 コース 行く

フィレンツェ

フィレンツェ

12校, 134 コース

シエーナ

シエーナ

2校, 23 コース

ピサ
オルベテッロ

オルベテッロ

2校, 25 コース

トスカーナの全地域を表示 »
ローマ

ローマ

9校, 119 コース

ミラノ

ミラノ

5校, 67 コース

コモ
ヴァレーゼ

ヴァレーゼ

1校, 13 コース

Merate
ジェノヴァ

ジェノヴァ

3校, 52 コース

サンレーモ

サンレーモ

1校, 7 コース

ジェノヴァ県 セストリ・レバンテ

ジェノヴァ県 セストリ・レバンテ

1校, 13 コース

ナポリ

ナポリ

3校, 37 コース

サレルノ

サレルノ

2校, 24 コース

ソレント半島

ソレント半島

1校, 5 コース

イタリアの全地域を表示 »

イタリア語コースタイプ

どのタイプのイタリア語コースをお探しですか?

一般的な

一般イタリア語コース

イタリア語一般コースは、イタリア語のリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの四技能を上達させたい大人向けのコースです。 たいていのコースは16歳以上の大人向けです。 2-48 週間のコースが有効です。たいていの集中イタリア語コースは一週間につき 30 クラスあります。

ジュニア

ジュニアイタリア語コース

ジュニアイタリア語コースは夏の間にイタリア語を習得したい4歳から12歳の幼児・小学生、13歳から18歳までの中高生のお子さまに最適です。4-8 週間のコースが有効です。

試験準備

イタリア語試験対策コース

イタリア語試験対策コースは、大学入学や就職に有利なイタリア語検定受験に向けて勉強したい学生のためのコースです。

ビジネス

ビジネスイタリア語コース

ビジネスイタリア語マンツーマンレッスンは、あなたに合わせたレッスンとあなただけのイタリア語教師で、できるだけ早くイタリア語を習得したい企業幹部やビジネスマン向けのコースです。

教員養成

イタリア語教師養成コース

イタリア語教師養成コースは、海外でイタリア語を教えたい教師向けのコースです。世界中どこの国でも、資格を持ったイタリア語教師は広く求められています。

プロフェッショナル

職種別イタリア語コース

職種別イタリア語コースは、ビジネス、医療、法律、航空、ホスピタリティなどの特定の分野に関連するイタリア語を勉強したい専門職向けのコースです。

研究と仕事

イタリア語でワーク&スタディプログラム

ワーク&スタディプログラムは、イタリア語を学ぶと同時に、働く経験もしてみたい大人のためのコースです。

専門

イタリア語特別セットコース

イタリア語特別セットコースは、イタリア語を学びつつ、スポーツや芸術、グルメなどのアクティビティも楽しみたい方向けのコースです。


Q & A

ご質問はありますか? Language Internationalのスタッフまたは過去の学生から回答を得ましょう。

翻訳を見る

"Unfortunately, the student find it very expensive to live in Salerno. So, she will only be able to study 2 times per week for the year. This, as far as I know, is not enough for obtaining a long-stay visa, correct?"

Dyan Test, アメリカからの学生
Rosa Maria Riccelli, Accademia Leonardoのスタッフ
You are right, it is not enough to have Visa.
これは役に立ちましたか? はい
翻訳を見る

"This student will need a visa, but is staying for a long time period. Is there any way you can make an exception for the payment so she can pay maybe one month or two upfront and then pay the rest in installments so that you can send out her visa supporting documents on time?"

Dyan Test, アメリカからの学生
Carlo Lipparini, Istituto Il Davidのスタッフ
Since this student want to stay in Italy for more than 3 months, she need to obtain the study visa from the Italian embassy of her country. For the Italian law (not for us), the students that need to obtain the visa, they have to pay the whole amount of the course, otherwise the Italian embassy will not give them the visa.
これは役に立ちましたか? はい
翻訳を見る

"What should the student do to apply for student visa?"

Ursula Boess, DILIT IH - Romeのスタッフ
If the student needs to apply for a visa, he should contact the Italian Embassy to get a precise information on what is requested. Usually we sent a certificate of enrolment once we have received the full payment of the course.
これは役に立ちましたか? はい
翻訳を見る

"The student claims that she does not have a home mailing address where you can send her visa documents. Can you send her documents to the DHL office in Tripoli, Libya?"

Ursula Boess, DILIT IH - Romeのスタッフ
In this case, the best would be if she organized the pick-up with the DHL in Tripoli herself. She can pay the expenses and ask the DHL to pick up the documents at our address when we tell you that they are ready. Before sending the originals, we will send a scanned copy by email. I believe this is the safer solution. Please note that we need to have received the full payment to be able to send visa documents. The Embassy requests a certificate on which we state that the full fees have been paid.
これは役に立ちましたか? はい